SAFETY

安心安全を追求した工法・構造

F-it(エフイット)では最新の各種工法技術を採用し、お客様の大切な住居を支えていくプランを用意しています。各種組み合わせによって最大限の安全性を追求していきます。

鉄筋入りコンクリートベタ基礎

住まいの地盤
「鉄筋入りコンクリートベタ基礎」

F-it(エフ・イット)では基礎に「鉄筋入りコンクリートベタ基礎」を標準採用。ベース部分には13mmの鉄筋を200mmピッチで碁盤目状に配筋し、コンクリートを流し込んで造ります。ベタ基礎は地面全体を基礎で覆うため、建物の加重を分散して地面に伝えることができ、不同沈下に対する耐久性や耐震性を向上することができます。又、床下全面がコンクリートになるので防湿対策にもなります。

木造軸組工法

伝統的な工法
「木造軸組工法」

F-it(エフ・イット)では、木の家づくりにこだわっています。それは、常に呼吸し、気候の変化に合わせて微妙に伸縮する木材こそが、高温多湿な日本の気候風土に最適と確信しているからです。「木造軸組構法」は土台、柱、梁などの住宅の骨格を木の軸で造る工法で、1000年以上にわたり、改良・発達を繰り返してきました。接合部には補強金物を取り付け、床には構造用合板を使用するなど、強い耐震性・耐久性を発揮しています。

基礎パッキン工法

基礎全体に空気が流れる
「基礎パッキン工法」

建物の劣化を防ぐには、構造部の腐食の原因となる床下の湿気の排除が重要です。F-it(エフ・イット)の住まいでは「基礎パッキン工法」を標準で採用し、従来工法の1.5 ~ 2倍の床下換気性能を発揮。住宅の土台を湿気から守り、耐久性を向上させる働きがあります

耐震金物

耐震・耐久性を高める
「耐震金物」

構造材をつなぎとめる接合部には「耐震金物」を採用。基礎・土台・柱など接合部ごとに適材適所な耐震金物を選び、構造体をしっかりと緊結します。地震による揺れから建物のゆがみや倒壊を防ぎ、住まい全体の耐久性を高めています。

プレカット工法

主な構造木材は、現場での施工前に工場などで原材料に切断・加工を施す「プレカットシステム」を採用。F-it(エフ・イット)では、コストの削減と工期の短縮を実現し、手加工の様な品質のバラツキがなくなります。また、この工法により現場での端材やゴミの発生を抑え、環境に配慮した、住む人と地球にやさしい、これからの家づくりを心がけています。

剛床工法

横揺れに強い「剛床工法」

F-it(エフ・イット)の住まいでは、1階と2階の床に厚さが24mmの合板を敷く「剛床工法」を選びました。これは構造用面材を土台と梁に直接留めつける工法で、床をひとつの面として家全体を一体化することで、横からの力にも非常に強い構造となります。家屋のねじれを防止し、耐震性に優れた効果を発揮します。

外壁通気工法

外壁通気工法

F-it(エフ・イット)では、外壁仕上材に窯業系のサイディングを使用して、壁と外壁仕上材の間に通気スペースを設けた「外壁通気工法」を採用しています。これにより、壁体内の湿気を効率よく外気に放出でき、内部結露を抑制して、耐久性を向上させることができます。夏季には、通気層内の通風により、遮熱効果も期待できます。

Low-E ガラス採用

Low-E ガラス採用

断熱性能の抜群!太陽光を採り込み、冬の暖房熱を外へ逃がさない。部屋のすみずみまで心地よく快適。
冬、室内に太陽光を採り込み、暖房熱を外へ逃がしません。部屋のすみずみまで暖かさを保ち、心地よく快適に過ごせます。不快な結露の発生も抑えることができるので、カビやダニなどの繁殖もセーブします。

求められる強さをクリア

求められる強さをクリア

F-it なら、建築基準法が規定する基準の約1.5 倍の耐震性を表す「耐震等級3」を取得可能。あらゆる工程に独自の工夫をこらしつつ、耐震性のさらなる向上に取り組んでいます。

吹付け断熱材でエコ対策

吹付け断熱材でエコ対策

環境に悪影響を与えるフロンガスを使わずホルムアルデヒドも発生させず、効率的な換気を行うための空気の通り道を確保。
硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現し、連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、長期間に亘って安定した性能を発揮します。

PAGE TOP